バロンのブログ バログ

日々の暮らしで抹茶系飲食物を探求すること以外も含む

地震 カミナリ 火事 親父は昔か?

毎月のように災害に見舞われる国 日本


豪雨災害に台風災害、そして地震災害


自然災害が猛威を振るい、人工的な物が


壊れ凶器となり人命に危機が迫る、


それは年を追う毎に


並ならぬ爪痕を残してゆく


公的な災害対策は全て後手後手に回り


その予算も少ない。


人命は各省庁のペーパーより軽いのだ!



もはや自衛隊は国防より災害派遣の中心的な


組織となりつつある 自衛隊の活動から災派は


消えないのだ。疲弊する隊員たち




東日本大震災、大分地震、大阪北部地震、


九州西日本豪雨、台風21号災害、


そして北海道胆振東部地震、お判りでしょう


関東地方だけ自然災害らしい災害が無い


江戸時代関東の東西南北に高邁な社寺院を


置いた光明か?大正時代の関東大震災以来


無傷と言っていいだろう(戦争は人為的な災害


の為)関東に住む人は今や地方の災害は


他人事ではなく、いつ我が身に降りかかるか


戦々恐々の日々なのだ。いつか関東に


大きな自然災害がやって来そうで😰💦



自分の身は自分で守れ、自立防災で防御したい


組織に頼るな、家族一人ひとりが自分を守り


自然災害の脅威を減災へと繋げたい。




備蓄しようね。


逃げるは恥だが命にゃ変えられない!!